うつの治療

うつ病にかかってしまったら、早急な治療が必要となってきます。治療方法をチェックして、症状の悪化を防ぎましょう。最も重要なのが休養です、脳が疲れてエネルギーが低下しているとうつ病が悪化してしまいます。うつ病の寛解には一年以上かかってしまうこともあるので、休養ととりながら長期的に考えて治療に専念しましょう。脳を疲れさせない方法として、認知療法という方法があります。脳にストレスを与えない考え方をするという治療方法です。自分を否定したり、物事を悪いと決めつけることで多くのストレスを感じてしまいます。物事の善悪がはっきりしているというものはそれほど多くありません。目の前のことをおおらかに捉えて時には善悪を決めずグレーゾーンに着地するように、考え方や行動をコントロールするという方法です。代表的なうつ病の療法なのでっしっかりチェックしておきましょう。

うつ病になってしまった場合は、病院に行って医師と相談しながら治療を進めていきましょう。うつ病の治療には、抗うつ薬の使用が欠かせません。抗うつ薬についてチェックして治療に取り組みましょう。抗鬱薬と一口に言っても様々種類があります。適切な薬を処方してもらうためにも医師の診察は必要不可欠です。様々ある抗うつ薬の中で、一種類の薬で治療を行うのが基本となっています。しかし、顕著な症状に対して効果が期待できる薬が服用される場合があります。不眠の症状が強い時は睡眠薬が処方され、不安感が強い時は抗不安薬が処方されます。複数処方された場合は、どの薬がどのような効果があるかをチェックしておきましょう。抗うつ薬でも効果が得られなかった場合は、その他の薬を服用する強化療法を行うことがあります。炭酸リチウムなどの気分安定薬が併用されることもあります。また、漢方薬が処方されることもあります。効き目には個人差がありますが、安全性などに関して予め確認しておくようにしましょう。様々な薬がある中、副作用などが心配という方もいます。大切なのは、安心してうつ病の治療に取り組むことです。疑問を感じながら治療を続けていても高い効果は期待できません。少しでも納得出来ない点があれば、主治医と話し合いましょう。